病気と戦える水、水素水の秘密暴露


水素あふれる世界

水素水が他と比較にならないほど優秀なのはなぜか

水素水に含まれる水素。

もともと水素は自然界に存在する成分であり、全くの無害です。

ところが、なぜか水素に対するイメージというのはあまりいいものではありませんでした。

最近やっと水素水がブームになって、水素の有用性が認知されてきましたが、かつての水素爆弾や飛行船の水素爆発事件などの記憶から、懸念されてきました。

私が小学生の時ですら、
「水素は燃える気体であり、爆発のおそれがあるから危険です。十分に注意して使用しないと大事故につながります。危険です。危険です」
と水素の危険性をとにかく刷り込まれたものです。

その代わりにというのは表現が適当でないかもしれませんが、
「酸素は私たちが生きていくうえで必要不可欠であり、他の物質を燃やすことが出来る気体です。病院などで患者さんが吸っているのは酸素です。だからとっても大事で生命維持に欠かすことができない貴重な気体なんですよ」
と教わりました。

確かに間違ってはいません。酸素無しでは生きていけません。呼吸は酸素を取り込む行為そのものですから。

ただ、少し気にかかるのが“水素”の教わり方だったと思っています。

私が小学校で水素を学んだのは、30年程も前のことですから、今ほど水素の研究が盛んだった時代ではありません。

そういう意味では仕方ないとは思うのです。

じゃあ、正しく学び直してみようということで学び直してみると、この水素水というものの優秀さを改めて知ることになったです。

 

水素水が注目される背景

水素が注目され始めたのは、私たちの“老化”という現象を調べていくと、“酸化”という言葉に行き当たることがわかってきた頃です。

唯一神として崇めてきた酸素が、実は老化の原因だということがわかったのです。

しかも、老化だけではなく、病気の原因やメタボリックや高血圧といった生活習慣からくる疾患もです。更には、精神性の疾患すらも“酸素”が原因だったということを知ってしまったのです。

これは、本当に衝撃でした。

衝撃というか、打ちのめされたほどの事実でした。

実は、私たちが生命維持のために行っている、酸素の取り入れ(呼吸)で体内に入った酸素のうちの一部が、活性酸素になって身体の各組織を攻撃していたのです。

攻撃対象は、肝臓や腎臓、心臓や血管、脳や脊椎、膵臓や腸、肌や頭皮に至る身体のあらゆる部分です。

挙げるときりがないほどの数の病名に関わっていて、ほぼ原因となっているのが“活性酸素”だったのです。

 

悪玉活性酸素への特効薬

活性酸素にも種類があり、大きく分けると善玉と悪玉の2種類です。

もっと細かく分類すれば、4つほどになるのですが、ここでは“身体にとって必要か”“身体にとって不要か”で分けたいと思います。

活性酸素全てが身体に不要な訳ではありません。これは誤解のないようにしてください。

善玉活性酸素は、身体の中に入ってきた最近やウィルスをやっつけるために動いていますので、必要不可欠なものです。

ですが、悪玉活性酸素こそは、身体に微量な量すら必要ない、全くの厄介者なのです。

呼吸という生命維持の要の中から生まれる悪玉活性酸素をどうやったら効率的に排除できるのでしょうか。

そうです。

それこそが水素なのです。

唯一無二の特効薬です。

 

水素と酸素の科学的理解

水素が酸素と交わると水になることは皆さんご存知でしょう。

ですので水素を身体に取り込みましょう、という理論なのですが、もう少し詳しくメカニズムを理解しましょう。

活性酸素とは、通常の安定した分子構造が維持できていない状態の酸素で、電子の対が出来ずにアンバランスになっています。アンバランスな電子の酸素分子は不安定な状態になっており、安定を図るために他の電子を狙っています。

つまり、他の分子に結びつこうと活性化している状態の酸素分子を『活性酸素』と呼んでいるのです。

他の分子に結びついた酸素分子は、化学反応を起こして他の物質に作り変えてしまいます。

この反応が酸化というものです。

酸化によって作り変えられた物質は酸化物であり、小学校の理科の時間を思い出してみても分かる通り、酸化物とはいわゆる燃えカスです。

もうお分かりですね。悪玉活性酸素の体に対する悪影響こそが酸化という反応です。

これが活性酸素の不必要な原因なのです。

 

水素VS酸素

では、水素を取り入れるとどのようになるのかも合わせて考えてみましょう。

水素は、空気中にも含まれている物質ですが、空気中の水素の構成比はわずか0.00005%に過ぎません。

呼吸によっても水素は微量ながら入ってきていても、全く量が不足しているのです。

私たちが呼吸によって取り入れる酸素の内の約2%が活性酸素に変わると言われています。

空気中の酸素の構成比は通常時、20.95%です。この内の2%ということは、呼吸によって取り入れる活性酸素は0.00419%ということが導き出されます。

ということは自然な呼吸によって取り入れる水素と活性酸素は、0.00005:0.00419ということであり、水素の約84倍もの活性酸素が体内にあるということが分かります。

この結果を見てみればご理解いただけたのではないでしょうか。

意識的に水素を体に取り入れないかぎり、活性酸素が取り除かれることはありません。

 

だから水素水なんです

全く、不足している水素を人工的に取り入れる事ができるのが、水素水だということです。

活性酸素が他の物質に結びつきやすい性質があることは説明しましたが、実は水素も分子結合力が非常に高く、その結合力は活性酸素をも凌ぐと言われています。

しかも、電子構造上、悪玉活性酸素に対してのみ強力に結びつく性質を持っているのです。

おまけに水素は全分子の中で、もっとも小さいという特性があります。

ということで、身体の各部位に対して瞬時に巡り悪玉活性酸素に結びついてくれるのです。

結びついた後は、無害なH20(水)に変わって体外に排出されますし、水素を摂取しすぎて余ったとしても、呼気とともにこれも排出されます。

悪玉の活性酸素のみに反応し、結合力は極めて高く、摂り過ぎても人畜無害。

まさにミラクルな水が水素水なのです。

 

水素水を飲むという行為は、単に“健康のため”だとか“美容のため”だとか、多くを理解しないまま飲んでいますが、科学的に考えてみると、とても理にかなっているのがお分かりいただけたと思います。

さらに水素水が社会に普及することを切に願うものです。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ