水素水と他の抗酸化物質を比較|致命的な3つの問題点


l_046

私たちが呼吸によって酸素を取り込むとき、吸い込んだ酸素のうちの約2%は、不安定な状態に変化してしまいます。

このとても不安定な状態の酸素は、自分自身を安定させたいがために、他の物質と結合して安定を図ろうとします。

それも、あらゆる物質とくっつこうと活動するので、非常に結合力が高いのです。

この不安定で活発な運動をしている酸素のことを“活性酸素”と呼んでいます。

活性酸素が結合して化学反応を起こして別の物質に変える。つまりこれこそが“酸化”という反応であり、結合後に生まれる物質は“酸化物”ということになります。

まったく迷惑な話です。

 

活性酸素は善玉と悪玉とがあり、その種類は4種類に分かれます。

ですので、活性酸素全てが身体にとっての悪影響の権化というわけではありません。

問題となっているのは、4種類のなかで最も酸化力が強く、毒性の強いヒドロキシラジカルです。一般的に活性酸素といえば、この酸化力の強いヒドロキシラジカルのことを活性酸素と呼んでいます。

(詳しくは過去記事⇒活性酸素についての豆知識(2)を参考にしてみてください)

 

最近の研究で、この活性酸素こそが身体の衰えや老化の一番の原因だということが明らかになり「悪い活性酸素をやっつけて健康を掴みとろう」とか「活性酸素を除去して、いつまでも若々しく美しく」といった論調が徐々に浸透してきました。

 

一大抗酸化ブームの到来です。

 

アンチエイジングや美肌効果、病気の治療や、記憶力・集中力アップといったさまざまな効能が得られるということで、活性酸素を取り除く効果があるものは片っ端から商品化されていきました。

お茶、ドリンク、スムージー、サプリメント、食品、化粧水、吸入器など、数えるとキリがないほどです。

でも、その抗酸化物って、全部が全部、本当に効果があるのでしょうか。

 

一口に抗酸化物質と言っても、ビタミンC、ビタミンE、カテキン、リコピン、コエンザイムQ10などあります。

このどれもが活性酸素を除去する効果が有るのですが、先ほどご紹介した“悪玉のヒドロキシラジカル”のみを除去できる抗酸化物質は、ただ一つ、水素だけなのです。

なぜ、これほどたくさんの抗酸化物質があるのに、ヒドロキシラジカルを除去できるのは水素水だけなんでしょうか。

それは、どうやら水素以外の抗酸化物質のあることが問題のようです。

 

一つ目の抗酸化物質の問題点とは

細胞の話になりますが、細胞には細胞を覆う膜があり、その中に細胞質があります。さらにその細胞質の中に細胞核があり、これも膜で覆われています。こんな構造になっています。

そして、この構造が故に、抗酸化物質は細胞の中に入っていけないのです。

 

細胞膜は脂で出来ているので、水溶性であるビタミンCは突き抜けることができません。

一方、細胞質は水溶性なので、水に溶けないビタミンEやコエンザイムQ10は作用することができません。

それぞれの抗酸化物質は万能ではないので、特定の場所でしか働けないのです。

 

さらに、脳については、必要なもの以外は排除して脳を護る“脳・血液関門”という、関所のようなところがあって、ほとんどのビタミンなどの物質は通り抜けることができないのです。

ただ、そんな中でも水素だけは細胞内のどんなところにでも入っていくことが出来るのです。

 

二つ目の抗酸化物質の問題点とは

抗酸化物質と呼ばれているものは、諸刃の剣だということです。

諸刃の剣とは、相手を斬ることができるが、同時に自分も切り傷を負ってしまう恐ろしい剣のことですが、これと似たことが起きてしまうんです。

 

例えば、ビタミンC(アスコルビン酸)を例にして考えてみましょう。

アスコルビン酸が活性酸素を除去(還元)するというのは事実です。

しかし、アスコルビン酸が活性酸素を還元するということは、同時にアスコルビン酸を酸化させるということなのです。

「酸化」と「還元」は同時に起こる反応だからです。

この酸化物をデヒドロ・アスコルビン酸といいますが、デヒドロ・アスコルビン酸は遺伝子に障害を与えると言われています。

つまり、せっかく活性酸素を除去出来たとしても、そのお陰で同時生成された別の物質が攻撃してくるということです。

因みに、これはビタミンCだけに限ったことではなく、他の抗酸化物質全てに言えることなのです。

 

ただ唯一活性酸素を還元しても、有害物質を出さないのは水素なのです。

水素は、活性酸素を還元しても、出すのは無害な“水”のみですから。

 

3つ目の抗酸化物質の問題点とは

最後の問題点としては、価格の問題でしょう。

他の抗酸化物質を効果が期待できるだけの量を食べ物で賄おうとすれば、すごい量になります。とても食べ物だけで賄うことは不可能だと言っていいでしょう。

もし食べ物だけで賄うとすれば、とてつもないカロリーとなり、高血圧や糖尿病にかかってしまうでしょう。

となれば、成分だけを凝縮させた抗酸化食品だよりとなりますが、活性酸素対策の抗酸化食品はとても高額なものが多いです。

継続して効果を得ようとすることが、経済的に困難なケースが考えられます。

 

以上のような理由から、水素以外の抗酸化物質には問題点が指摘されています。

全ての問題を簡単に解決し、かつ効率的で効果的なものといえば、水素水をおいて他にはありません。

水素水の効果を実感してみてください。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ