風邪・インフルエンザ予防の新提案!水素水予防法を公開


風邪で入院 点滴

秋から冬になり、冬から春へ。
季節の移ろいは美しく情緒あふれるものですが、季節の変わり目というのは気温の寒暖差や空気の乾燥などの変化に体がついていけず、体調を崩しやすい時期でもあります。

特に秋から冬へという季節は、夏の蒸し暑い湿気に満ちた空気から急激に乾燥した状態になることから、
風邪やインフルエンザが流行する、注意の必要な季節です。

乾燥の状態は、分かりやすいところでは気温が下がって汗をかきにくくなることと合わせて、皮脂の分泌量も下がり、肌全体がカサカサになってしまうことからも分かります。

乾燥の状態は風邪ウィスルの得意とするところ。しっかりと対策していきたいものですね。

 

風邪対策の王道

風邪と一口に言っても、ウィルスの違いや感染した場所によって症状が違います。空気中に浮遊しているウィルスを吸い込んで、鼻や喉に入ると粘膜で増殖して炎症を起こし風邪が発症します。

喉から気管支まで達すると喉の痛みや咳を伴う風邪に。鼻の粘膜で炎症を起こせば鼻水・鼻づまりを伴う風邪に。

ただ、共通するのは乾燥状態で活発になった風邪のウィルスが、体の中の粘膜を攻撃するということです。

 

風邪の予防・対策

1.うがい、手洗いを徹底する

風邪予防のための手洗い外から帰ったら、まずは一番に手を洗い、うがいを行いましょう。
外で呼吸をする中に、他人の風邪のウィルスが飛散したものを吸い込んだままにせず、丁寧にうがいを徹底すること。
風邪にかかってしまう前に洗い流して、多少入ってきたとしても免疫でやっつけられる程度になるように心がけましょう。

また、空気中のウィルスを吸い込むことで伝染るというだけではなく、風邪にかかった人の鼻水や唾液がついた手で触ったものに、知らず知らずのうちに触れてしまいかかることもあります。公共機関のつり革や手すり、自動販売機のボタン、ドアノブなどに付着していることは十分に考えられますから、手洗いも必ず行うようにしましょう。

 

2.十分な栄養と睡眠

水素水風邪予防を勧める看護師身体を風邪から守る免疫を作るのは食事です。予防することはもちろんですが、予防していてもかかってしまうことがあるのは、体の免疫が落ち、抵抗力が下がっているからです。

偏食は避け、なるべくバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

睡眠をしっかりと取ることも重要です。なるべく夜更かしはせず、十分な睡眠時間を確保すること。
そして、睡眠の質も大事なポイントです。リラックスした体制でゆったりと深い睡眠をとって、脳も身体も休めましょう。

 

新しい水素水による風邪予防と療法

ここまではよく知られる一般的な風邪の対策をお話しましたが、新しい対策法もご紹介しておきたいと思います。

それが、水素水による風邪対策法です。

では改めて、水素水風邪予防の各ポイントについてお話したいと思います。

 

水素水風邪予防ポイント1 【活性酸素を溜めない】

まずはクリーンな体の状態を保つことからです。

私たちは呼吸をして酸素を身体に取り込んでいます。取り込んだ酸素を体の各部位、各組織へ運んでエネルギーを燃焼させています。こうして常に生命維持活動を行っていて、酸素は必要不可欠なものなのですが、吸い込んだ酸素のごく一部は活性酸素に変化します。

活性酸素も幾つか種類があり、この中で身体にとって悪い影響を与えるものを悪玉活性酸素といいます。

水素水風邪予防を教える看護師現在確認されている病気の内の約9割は、この悪玉活性酸素が原因であると言われています。

風邪も例外ではなく、悪玉活性酸素が身体の中で多く溜まっていると、風邪ウィルスに対抗する免疫力が低下し、風邪にかかりやすくなるのです。

還元効果が高い水素水を飲むことで、身体の中に溜まりがちな悪玉活性酸素を一掃して、健康な体を維持できます。

 

水素水風邪予防ポイント2 【免疫力を上げる】

風邪は万病の元と言われます。風邪自体は命にかかわるような大きな病気ではありませんが、風邪にかかって身体が抵抗力を失い、別のウィルス等に侵されて他の病気を併発してしまうと重症化する危険性もあります。

ですので、風邪といえども軽んじずに、身体に寄せ付けない力を持つことがポイントですね。

この体に寄せ付けない力こそ“免疫力”なのです。免疫は私たちが若々しく健康に生活していくための体内システムです。

水素水が免疫力を上げる効果が高いのは、活性酸素を除去して体に貯めないということはもちろんですが、腸の粘膜を健康にする効果があるからです。

腸の中には腸内細菌という消化吸収を助けてくれる細菌がいますが、腸の中に溜まりがちな残留物が発酵すると活性酸素が発生し、腸内細菌を攻撃してしまいます。

水素水を飲むとこの活性酸素を排除してくれるので、再び腸内細菌が復活します。

そして、水素水自体がとてもミネラル成分豊富な天然水ですから、それだけで腸は活動が活発になります。

実は私たちの体の免疫は、腸から生まれていてその割合は免疫全体の約7割にも及ぶのです。

腸をクリーンにして活動を活発にすることで、風邪などに負けない丈夫な免疫力が身につきます。

水素水風邪予防をすすめる看護師

 

もし風邪にかかったら

体の健康に注意して、身体の免疫力をあげていても、風邪ウィルスだらけの環境に身をおいたりしてしまうと、フッと気を抜いていたり、仕事などで疲れていたりするタイミングで風邪にかかってしまうかもしれません。

あなたが会社員なら、社内でエチケット意識の薄い社員がウィルスをばら撒いているかもしれません。そして社内は暖房を効かせていて、湿度は限りなく低い、そのような環境は風邪ウィルスが最も好き好む条件です。いくら健康に気を遣っていても、ひょんなことから伝染されてしまいかねません。

しかし、そのようなときも水素水は役に立ちます。

風邪にかかっているといる状態というのは、身体がウイルスと戦っている状態です。身体の各箇所で白血球などがウィルスと戦っているため体温が上昇します。風邪にかかると発熱するのはこのためです。

体の中に入ってきたウイルスを援助して、ますます身体を弱らせる活性酸素をやっつけてくれるのが水素ですから、風邪にかかっても水素水を飲み続けることで風邪の治りが早くなります。

風邪がなかなか治らないというような人は、体の抵抗力や免疫力が落ちているので、水素水を飲んで体の内側から根本的に直しましょう。

 

特に水素水の効果を得られるのが早いのは、やはり高濃度水素水でしょう。目安としては、1.2ppm以上の水素濃度のものを選ぶ必要があります。

当サイトの水素水ランキングでも紹介しておりますので、参考にしてみてください。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ