水素水が有効?糖尿病を治す水素のチカラ


世界に広がる糖尿病の脅威2014年12月に発表された厚生労働省の2013年国民健康・栄養調査の結果では、日本の糖尿病有病者の割合は、男性16.2%、女性9.2%で、50歳以降割合が増えていることがわかりました。

世界的に見ると、糖尿病人口は3億8,670万人にも上り、驚異的な増加の一途をたどっているようで、このまま対策をせずに伸びると2035年には5億9,190万人に増加すると言われています。

世界的に見て日本は第10位にランクインしていて、721万人の成人糖尿病人口になるそうです。

対策をしないままだと増え続けると予想される糖尿病に施す対策とは一体どのようなものなのでしょうか。

実は今一番注目されているのが水素水療法だと言われています。

実際に治癒したという報告も多数上がっており、現在も研究がすすむ水素水がどのように効果を表すのでしょうか。

水素水の持つ糖尿病治療分野の可能性と、信憑性をみていきましょう。

 

活性酸素が原因で病気になる

多岐にわたる活性酸素の悪性ぶり

まず大前提として認識していただきたいのが、病気の原因は活性酸素(悪玉)であるということです。

活性酸素を原因とする病気などを具体的に並べてみますと、

【循環器】
動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・再灌流障害

【脳神経】
認知症・パーキンソン病・脳浮腫・外傷性てんかん

【呼吸器】
慢性閉塞性肺疾患・喘息・肺気腫・呼吸窮迫

【内分泌代謝】
糖尿病・肥満・メタボリックシンドローム

【皮膚】
アトピー性皮膚炎・火傷・日光皮膚炎・しみ・しわ

【腫瘍】
がんの発生・がんの転移・がん化学療法と放射線療法の副作用

【眼科】
白内障・未熟児網膜症

【消化器】

肝炎・膵炎・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎・クローン病

【血液系】
異常ヘモグロビン症・薬物性貧血・播種性血管内凝固

【泌尿器】
糸球体腎炎・薬物性腎障害

【その他】
自己免疫疾患・膠原病・リウマチ・アレルギー・花粉症・痛風・歯周病

とあらゆる分野の疾患に関わりがあります。実はまだこの他にもたくさんの病気と活性酸素は関わりがあるのですが、ここでは糖尿病にフォーカスをして説明させていただきますので割愛します。

 

3つある糖尿病の種類

一口に糖尿病と言っても、そのなかで大きく3種類に分かれます。

 

糖尿病Ⅰ型(インスリン依存型)

インスリンイメージこれはインスリンの分泌不足が原因となる糖尿病です。インスリンはすい臓のランゲルハンス島のβ細胞から分泌されているペプチドホルモンの一種で、血糖値を抑える作用があります。

平常時はインスリンが血中のブドウ糖を腎臓や筋肉に送っているのですが、活性酸素によってβ細胞が傷つけられるとインスリンの分泌量が下がり、血糖値が上がって糖尿病となります。

 

糖尿病Ⅱ型(インスリン非依存型)

インスリンの分泌量は正常なのにおこる糖尿病です。

ブドウ糖は主に筋肉細胞に取り込まれエネルギー源となるのですが、筋肉組織がうまくブドウ糖を取り込めない状態になっているのです。

これは筋肉組織への受け入れ口である受容体(レセプター)が活性酸素によって傷つけられていて、うまくブドウ糖を取りこめなくなっている状態です。

あるいは、インスリンが効きにくくなっている(インスリン抵抗性)ことが原因の場合もあります。

結果として、血中のブドウ糖濃度があがり血糖値が上がってしまい糖尿病となるのです。これは高脂肪食や運動不足などにより起こりやすいと言われています。

 

その他の糖尿病

その他のことが原因で糖尿病となるものです。例えば、遺伝的疾患を原因としたり、その他の内分泌疾患や、外傷あるいは薬剤などの化学物質による場合。

 

糖尿病を治すメカニズム

以上の情報を踏まえたうえで、糖尿病の治癒に至るまでのステップをみてみましょう。

 

糖尿病Ⅰ型の治癒について

β細胞が活性酸素により傷つけられてインスリンの分泌量が低下することが原因ですから、活性酸素の量を抑えることで分泌量は正常に戻ると推察できます。

活性酸素を効果的に除去するのに一番効率のよい抗酸化成分は水素ですから、水素水を摂取することで治癒できることは一目瞭然ですね。

毎日摂取する水を水素水に変える。たったこれだけで簡単に解決できるわけです。

 

糖尿病Ⅱ型の治癒について

インスリンの分泌には異常はないものの、血液中のブドウ糖(グルコース)を取り込む筋肉細胞の受容体(レセプター)が、活性酸素によって障害を受けてブドウ糖の取り込みがうまくできなくなることが原因ですから、こちらに関しても活性酸素を押さえつけることで正常な活動状態に修正できるということになります。

水素は水素水を飲んで数分程度で体の隅々にまで行き渡ります。各部位で問題のある箇所にのみ自動で働きかけ問題修正をしてくれますので、Ⅱ型に関しても水素水を飲む。ただ、これだけです。

 

その他の糖尿病

その他の糖尿病については、直接の原因が他の傷病や遺伝的要因や外的要因です。ですのでその原因となる疾患の原因によって対応が変わります。

ただ、上記にも記載しましたが、活性酸素が原因となる疾患は非常に多く、上げるときりがないほどです。原因を突き詰めていくと、ほぼ活性酸素の影響に行き当たります。

であるならば、水素水の効能でほとんどが解決できるということになりますから、結果としてその他の糖尿病の治癒に貢献するということになるでしょう。

水素の効能を感じる女性

まずは高濃度水素水を一日300ml×3回飲んでみる

2007年の糖尿病学会でだされたレポートの中で、ある検証の発表がありました。

「糖尿病の予備軍である6名の方に協力いただいて、水素水を一日300mlを3回飲んでもらうということを8週間続けていただいた。その結果6名全員の数値が下がっており、うち4名の方については正常値にまで戻っていた」とのこと。

この結果を受け、その医師は積極的に水素水を治療に用いているといいます。

水素水を飲むとインスリンが効くようになります。メタボリックシンドロームになって生活習慣病が発症する原因は、インスリンが分泌されても効かなくなる(インスリン抵抗性)からだと言われています。

高血糖、高血圧、高脂肪はインスリン抵抗性を改善することで解決されるわけですから、生活習慣病の予防に期待ができるというものです。

もし糖尿病を発症したとしても、水素水を飲み続けることで、徐々に治癒されていき、完治にまで至った例も少なくありません。

 

効果を最大限に活かすためにはやっぱり高濃度水素水

一日300mlを3回。これは糖尿病予備軍の方のお話でしたが、現在は健康な状態だが将来も今の健康状態を維持したい。あるいは現在疾患に悩んでいて治したい。という方などケースは様々だと思います。

ですが共通して言えることは、水素水もたくさん種類があるので『水素水』と一口に言っても、どれでもいいわけではありません。

水素の効能を最大限に活かす良いお水を選ぶ必要があります。水素水と呼ばれるものの中でも選んではいけない粗悪品もあるからです。

水素の価値を決めるのに一番大事なポイントは、やはり水素濃度につきます。濃度が低いのでは話になりません。

当サイトのランキングでも上位にあるトラストウォーターaquelaといった高濃度水素水商品を選んでいただかないと効果は小さいですからもったいないです。

それに水素は摂り過ぎても全く副作用がありません。活性酸素があるだけ結びついて還元しておしっことして排出されますし、もし水素が余れば呼気と一緒に吐き出されます。

 

水素水で治療できるということに懐疑的な意見も多いようですが、なにも医学は病院の医師だけの専売特許ではないはずです。

もちろん薬事法や医療法といった決まりがあることは承知していますが、起こった事実や科学的根拠のもと示されてきた研究結果からありのままの情報をお伝えしているのです。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ