水素水と水道水を比較!行き過ぎた殺菌処理を知る


水素水と水道水を比較するというのは少々乱暴な話かもしれません。

しかし、水素水の効能を考えた時、なぜ水道水ではダメなのかということも知っておく必要があると思うのです。

水道水もしっかりと殺菌を行い、私たちの身体に害のない状態で供給されているはずですよね。

では、なぜ水道水を飲料水としてはいけないのかをお話したいと思います。

身体をむしばむ恐怖の水道水

意外にも短い日本人の健康寿命

私たちは世界一の長寿大国日本に住んでいます。男性の平均寿命79.55歳、女性の平均寿命は86.30歳。医療の発展や治安の良さなど、長寿の原因はいくつか挙げられます。

しかし健康寿命となると話は変わってきます。健康寿命とは、平均寿命から要介護状態になった期間を差し引いた年齢です。

男性の健康寿命は70.42歳、女性の健康寿命は73.62歳なので、平均寿命から差し引いて考えてみると、男性は9.13年、女性は12.68年ものあいだ天寿を全うするまでの期間を不健康な状態で過ごさなくてはならないということです。

健康な状態で過ごせず、ただ生きながらえているだけの長寿に意味は無いと思うのです。健康寿命を平均寿命に近づけてこその長寿だと思うのですが、そのためには飲み水を大切に考えるということが大事だと考えています。

 

日本の水道水の塩素量は世界一だという事実

日本の水道水の塩素量を世界の国々と比較した時、その水素量の多さに驚きます。

実は日本の水道水の塩素濃度は世界一なのです。

これはWHOが規定する基準値よりも遥かに高く、「水道水内の大腸菌は検出されないこと」という日本の厳しい基準に対し、WHOでの基準は「水道水内の大腸菌の混入は100回の検査中5回以内なら合格」と定めています。

この塩素量での影響を一番危惧するのは、やはり腸への影響です。

 

大腸菌が汚い、危険だという認識は日本人誰もが当然の様に捉えていると思いますが、大腸菌も私たちの腸内に棲む、腸内フローラを形成する大事な一員です。

大腸菌は腸に入り込んだ有害な病原菌の排除や、食物繊維の排除、ビタミンの合成、大便の形成といった大事な役割を持つことを知る人があまりにも少ないのは悲しいことです。

この腸内での大事な役割を担う大腸菌を始め、たくさんの腸内細菌によって免疫機能が働いていますから、これほど高い基準値の塩素を含んだ水が体に与える影響は計り知れません。

むしろ生水のほうが良いぐらいです。

腸内環境のイメージ

「生水はお腹を壊すから飲んではいけません」ということを小学生の時に学校で習うかもしれませんが、せいぜい腸内の免疫機能が弱っている時に飲んだ人がお腹を下すということぐらいのことで、水道水を飲む事に比べたら全然優しいぐらいです。

 

因みに、塩素を煮沸すれば塩素がなくなると言われていますがこれはその通りで間違いありません。

ただ知っておきたいのは沸騰状態を10分以上続ける必要があるということです。沸騰すればそれで全て浄化されるわけではないことを知っておきましょう。

とはいえ、すべてを水素水に切り替えるというのも現実的ではありません。ですので、せめて直接飲用する水ぐらいは水素水を選びたいと思うわけです。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ