水素水のppm(濃度)を比較してみました。


水素水選びの基本はなんといっても濃度につきます。

その濃度が高いほど、たくさんの水素を取り込むことができますから、水素水の濃度比較は肝心です。

水素水ランキングにも載せてありますが、改めて水素濃度に着目して濃度を比べてみたいと思います。

 

現在販売されている水素関連商品は無数にありますが、水に溶存させた状態で販売されている水素水としてはトラストウォーターの3.0ppmがトップになります。

常圧での飽和水素濃度は1.6ppmが限界値ですが、特殊な封入方法により3.0ppmを実現しています。

ですので、そのための密閉アルミパウチなのです。

 

トラストウォーターを飲んで健康に保存期限は6ヶ月とされています。これは、いかに水素の発散を抑えるために加工されているとはいえ、水素は一番小さな分子なのでいかにアルミパウチといえども完全に水素を封じ込めることはできません。

生産から日数が経つごとに水素の濃度は失われています。

それでも、3ヶ月経過まで1.6ppmの濃度キープを実現しているというのは、相当な技術だと思います。

 

水素濃度が高いほど良いと言われているのは、その水素をからだに取り込む効率が高いから。

1.0ppmの水素水100mlと、2.0ppmの水素水100mlとでは、当然水素が入ってくる量は2倍も違います。

私たちのカラダが水分を吸収するのに、30分で200ml程度と言われていますから一度にたくさん飲んでも意味がありません。

しかし、水素濃度については高いほど効率が良いということになりますから、低いものより高いものというわけです。

 

水素は摂り過ぎたとしても体に害が及ぶことはありません。

余った水素は体の外へ自動的に排気されますので。

あなたの水素水選びのお役に立てれば幸いです。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ