水素水の豆知識:歯周病との関連、知られざる口内環境


水素水が歯周病に効果があるというのは、水素水を飲んだ結果、体内の抗酸化力を高め、結果として口腔環境にも効果が現れるからです。

では、ここで歯周病の原因と身体の関係を少し解説していきたいと思います。

歯周病には水素水が効果的

歯周病の原因とは

歯周病は必ずかかるわけではありません。歯周病は歯垢やプラークが原因でかかる病気ですが、毎日の歯磨きや定期的な検診などで歯石を除去することで予防できます。

プラークとは、歯に付着している黄白色の粘着質な沈着物のことで、たくさんの細菌を含んでいます。またプラークはバイオフィルムとも呼ばれ、強固な粘着力で、薬品だけでは十分な除去が不可能なため、しっかりと歯ブラシで除去することが必要となります。

歯周病の原因菌はほぼこのプラークか、歯垢が結晶化して固まる歯石だとされています。

 

全身の病気と歯周病の関係

歯肉は実は身体の中でも非常に敏感な組織です。口の中は全身の中でも最も多くの微生物や細菌などが生息している場所にもなります。

近年、あらゆる全身の疾患と歯周病との関連性が指摘されつつあります。例えば、呼吸器疾患、心疾患、糖尿病、妊娠といったものが関連性が強いということがわかってきました。とくに糖尿病都の関連性が深く、歯周病を悪化させる大きな原因だと言われています。

 

糖尿病や高血圧を治療するために用いられている降圧剤などの特定の薬が原因で、歯肉などの歯の周囲組織に症状が出ることも確認されており、遺伝性の病気、血液の病気、皮膚の病気なども歯周病に大きく関連しているようです。

更に、ホルモンの分泌の増減や喫煙などで歯周病が治癒しにくくなり、悪化の恐れもあるとされています。

 

生活習慣病が引き金となり、その結果歯周病が悪化することが十分考えられるということと、歯周病が引き金となり、全身の病気が悪化するということもあり、双方ともに非常に関連性が強いということを十分にご理解いただければと思います。

 


このように関連性の強い歯と身体の関連性を考えると、水素水で身体の悪玉活性酸素を除去し、抗酸化力を高めることは、口内環境を改善させることに密接に関わっています。

水素水で直接的に歯周病が治るということではなく、歯周病の原因となるリスクを下げる効果があるということですね。

日頃から水素水を飲むことを習慣化すると、身体全身、ひいては口の中も雑菌が繁殖しにくい状態になるよう、体を健康な状態に誘導できるということですね。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ