水素水の酸化還元電位の比較について vol.2


酸化還元電位の数値は、水素水に含まれる水素濃度と比例の関係にあります。

ですので、溶液(水素水)の電位は酸素を還元させる力のほうが強いほど水素の含まれている量が多いことになります。

-(マイナス)の数値が大きいほど、つまり電位の数値が小さいほど還元力が高い(水素が多く含まれる)ということになりますね。

 

水素水を選ぶ目安としては、酸化還元電位の数値が小さいほうが望ましいといえるのですが、ではこの数値は高いほど、私たちの身体にとっていいものなのでしょうか。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

還元力=健康 という勘違い

水道水の還元電位は+200mV~+800mVと言われています。非常に酸化力の強い状態にあるといえます。

対して、水素水は-350mV~-650mVほどが多いようです。

水素水の濃度はaquelaでもみて分かる通り、基本的にいくらでも大きくすることが可能です。

理論上、水素濃度が高いということは還元力、活性酸素を除去する能力が高いということですが、活性酸素を全て“悪”と断ずる風潮にも大きな疑問を感じます。

私たちの身体の中には、食物や呼吸によって栄養を吸収していますが、その中には菌やウィルスといった望ましくないものも含まれていることがあります。通常、こうした時に身体の中に備わった抵抗勢力が悪い菌やウィルスを撃退するために出動するのですが、この殺菌作用こそ活性酸素が活躍している部分なのです。

 

 

活性酸素と酸化還元電位

栄養を補給する腸は、平時還元状態にあり、腸内がそのような状態に保たれていることによって、有要な腸内微生物が活発に動いているので、私たちは健康な身体を維持しています。

しかしこの平時に悪い侵入者から健康を守っているものが、悪者とされている活性酸素なのです。

活性酸素は白血球から運んで来られ、怪我や病気の原因となる初期段階で、殺菌・消毒と言った重要な役割を実は持っていることを忘れてはいけません。

 

ここが重要なポイントなのですが、活性酸素は酸化の原因をもたらすものですが、全て取り除いてしまうことは私たちの身体には、実は大きなリスクとなります。要するにバランスの問題なのです。

悪い要素の方が大きいので、なるべく溜まったりすることがないように還元させてやる方が望ましいのですが、全て無くしてやるわけにはいかないのです。

 

つまり、還元力が大きいことは健康と等しいとはいえないのです。

 

ここまで、酸化還元電位は小さいほど還元力が高く、望ましいとお伝えしました。理論的には酸化還元電位は-1,000mVというものも実現可能です。しかし、たとえばそれほどの還元電位になると、アルミやペットボトルなどは溶けてしまいます。入れる器、材質がないのです。

勘のいい方はお気づきだと思いますが、あまり酸化還元電位が低すぎると腸内で活躍する殺菌力や抗菌効果まで死んでしまうのです。

還元電位が低ければ低いほど良いとされている過激な風潮が心配です。

 

健康にとって負担の少ない数値のもの、とりわけ-500mV~-600mV程度を目安に取っていただくのが一番良いと思います。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ