活性酸素についての豆知識(1)


活性酸素が、老化に影響していることはこれまでもお話してきましたが、この“活性酸素”を少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 

同じ年齢の人が並んでいても、見た目に若々しいと感じるのはどちらの方でしょうか。同い年の人同士でも、若々しい人もいれば、老けて見える人もいます。

人によって老化の度合いが違うのはなぜでしょう??

この大きな疑問にはやはり「活性酸素」が大きく関わっていると言われています。

いかに活性酸素の働きを押さえ込むかが、老化の速度をコントロールするカギだと言われていますが、この活性酸素と老化との関係を体系的に考えながら、錆びにくい体になるための秘訣を考えていきましょう。

 

例えば、今あなたはどんな変化を感じているでしょうか??

  • 白髪が増えた、抜け毛が多い。
  • 物忘れが激しくなった。
  • 肌のシミ・シワが増えた
  • 視力が弱くなった、目がかすんでいる。
  • 歯や骨が弱くなった。
  • 筋力が落ちてきた。
  • 胃がもたれるようになった。
  • 疲れやすくなった。
  • 風邪を引きやすくなった。

 

老化の定義とは、体の中が参加していくこと

私たちは、呼吸によって1日に500L以上の酸素を体内に取り込んでいると言われています。

食事で摂取した栄養素を酸素が燃焼させてエネルギーを作り抱いているわけですが、その取り込んだ酸素の内の約2%程度が強い酸化作用を持つ“活性酸素”に変化します。

活性酸素が全て体にとって悪いというものではなく、その強い攻撃力は、体内に侵入してきた菌やウイルスを退治するのに欠かせないものです。

しかし、必要以上に増えてしまうと、健康な細胞まで攻撃してしまうという困った面が大きく、これがいわゆる酸化というもので、酸素は必要分以上摂取すると“深刻な老化”の引き金となるのです。

「老化することは、酸化することと同じである」と言われるほど、活性酸素は老化の元凶であり、対活性酸素、抗酸化というのはもはやエイジングケアに必須なメソッドなのです。

cd1c7ccec442b51fb3de581e0c0e5cb0_s

 

 

始まりは細胞から。そしてやがて様々な老化現象が・・・

では、実際には体内でどのように活性酸素が影響を及ぼすのでしょうか。

体の中では活性酸素によって細胞が攻撃されると、細胞膜の脂質が酸化してしまい、細胞が栄養と老廃物の出し入れをスムーズに行うことができなくなります。また、細胞の核の遺伝子が傷つけられて細胞変異を起こしたり、或いは死滅したりしてしまいます。

さらに血中の悪玉である“LDLコレステロール”を酸化させ、動脈硬化を加速させて血管の老化も進めていきます。

最初のうちは「なんだか最近髪のハリツヤがなくなってきたような・・・」とか「運動したら息がすぐ切れてしまう」といった小さな変化なので“病気”ではありません。

しかし、ひょっとすると体の中では細胞の変化が進んで体内が錆びつき始めてきた兆候なのかもしれません。

 

活性酸素は、呼吸以外にも様々な要因で増えるんです!

活性酸素を発生させるのは呼吸だけに限ったわけではありません。

紫外線、大気汚染、化学物質、電磁波、農薬などの様々な環境因子と、ストレス、睡眠不足、喫煙、飲酒などの偏った生活習慣などは、活性酸素を増やす要因であることがわかってきています。

現代のライフスタイルでは、活性酸素に晒されずに生活するなどということは不可能に近く、こうしたリスクをうまくマネジメントしながら生活していくことが求められています。

 

更に、体内の抗酸化力は加齢とともに衰えていく・・・

私たちの体には、もともと活性酸素から身を守るための抗酸化力が備わっています。その代表的なものが「抗酸化酵素」で、食事などから抗酸化成分を摂取して抗酸化酵素の働きを助けています。

体内で活性酸素が発生しても、こうした働きによって体の酸化を防いでくれています。体の酸化を防げるように抗酸化力がバランスを保っていれば、健康な身体を維持していくことができます。

抗酸化酵素の代表がSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)で、毒性の強い活性酸素であるスーパーオキサイドを無害化する力を持っていますが、このSODも加齢とともに衰えてゆき、抗酸化酵素(SOD)を作る力は40才前後から低下していくのです。

それだけに、普段から抗酸化成分を補うことを習慣化することは、とても大事なことだということを理解しましょう。

 


 

水素の役割は大きいですね。

やはり、ストレスフルな生活習慣からの脱却は、周りとの関わりも考慮しなら行う必要がありますので、難しい部分はあるでしょう。言うは易し、行うは難し、ですからね。

習慣化というのが一つ大きなキーワードになると思いますが、一番手っ取り早いのはやはり水素水ですね。

益々、必要不可欠になってきているこのご時世。高濃度の水素水を是非ご検討くださいませ。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ