個別で買うか、サーバーで作るか、水素水の判断


一つ、社会的な立ち位置にまで上り詰めた感じが出てきましたね。

私たちのカラダにおいて水素水のメリットは非常に大きいのですが、デメリットになる副作用が全く無い!ということが何よりも熱い支持を集める一番の理由じゃないかなと思うのです。

ただ単にミネラルウォーターを飲むのなら、水素に変えたほうがいいのでは?というユーザーが増加中です。

一言に活性酸素の抑制と言っても、そのことから生まれる効能は計り知れませんからね。

下手なサプリを飲むのなら水素水をオススメしたいです。

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

そこで、ここまでおススメとしてランキングでご紹介をした商品と、水素水サーバーとどちらがいいの?どっちを選ぶのがお得なの?というご質問が寄せられてますので、サーバータイプについても少しご紹介したいと思います。

私の個人的には、トラストウォーターとaquelaの両使いをしているのですが、サーバータイプにも利点はあります。

それはなんといっても作りたてを飲むことが出来るというものです。

日常使いしたいユーザーにとっては、特別な水としてサプリの代わりなどとして飲む水素水だけではなく、たっぷりとお料理やスイーツ作りにも使いたいという希望もおありでしょう。

たくさんの量を気にすること無くたっぷり使いたいという方には、サバータイプのほうがメリットが大きいかもしれません。

水素水を大量に使うユーザーさんにとって、ランニングコストと言うのは一番の関心事でしょうし、最初はあまり飲む量も少なかったという方もだんだんと水素水の使用料も増えていきますと同じ課題にぶつかりますね。

管理人のおススメとしては知名度も高い『ルルド』でしょうか。

⇒ルルドの詳細はこちら

 

ルルドは日本を含む世界10カ国で販売されており、すでに世界中で10万台を超える販売実績があります。

生成する水素水の水素濃度も1.2ppmとまずまず高い数値を出しています。

カートリッジの交換は9ヶ月で、電気代も一般的なコーヒーメーカーと比べると約10分の1とランニングコストは極めて低く、ヘビーユーザーも満足が行くだけお使いいただけると思います。

飲むだけではなく、うがいに使ったり、手や脚につけて皮膚のケアとしてもお使いいただけます。その他、食材の洗浄や料理、ペットの飲用、お掃除など、いろいろなことに使ってもご満足いただけるでしょう。

で、気になる価格ですが、¥159,840(税込)です。

これを高いと見るか安いと見るかは個人の判断になると思いますが、単発で終わること無く長く使い続けたい方や、ヘビーユーザーさんには向いているかもしれませんね。

仮に2年間使い続けたとして、1月当たりの費用は約7,000弱といったところでしょう。

アルミパウチタイプも一箱注文すると同じぐらいの金額がかかりますから、長い目で見れば安いことは明白ですね。

     ⇒ルルドの詳細はこちら

ご利用シーンによってどちらがいい!というのは断定できませんが、大量に使いたいユーザーさんには向いているでしょう。

20150709104646

ランキングサイト誘導2

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ