老化に逆らう水素の力


皆さんが考えている、活性酸素の増加が老化の原因だということは正しいです。

そうなんです。再々お伝えもしてきましたが、活性酸素、それも悪玉活性酸素が原因であると特定して問題ありません。

呼吸をして酸素を体に取り入れる。それは生きる上で必要な活動なのですが、この取り入れた酸素の内の約2%程度は必要とされること無く、体の中で活性酸素に形を変えます。老化はズバリこの悪玉活性酸素によるカラダの錆が原因と言われています。肌のシワや、悪玉コレステロールの増加についても同様です。

今こうしている間にも活性酸素はカラダの中に作られていて、じわりじわりと老化は進んでいるのです。

日常的に発生しているこの活性酸素は、例えば、自動車の排気ガスや煙草(喫煙者も副流煙も同じく)、飲酒、ストレス、偏った食事(バランスが悪い)なども増やす大きな原因となっています。健康の為に行っている運動やスポーツですら、やり過ぎると活性酸素を産んでしまうことになるのです。

20150704031107

40代から老化のスピードが格段に上がる

よく四十肩とか視力の低下とか体力の衰えを感じる一つの境界が40歳と言われています。

これには、30代の頃まではカラダの自浄作用として“酸化を抑える酵素”が比較的活発に作用しているのですが、40代になると格段に減少してしまうのが原因だとされています。

酸化抑制力が減り、取り除かれていた活性酸素が日々堆積していく状態に陥ってしまうからこそ、老化が一段と足早になり、結果として“老化が進む”ということになるのです。

特に、カラダを動かすエネルギーを生んだり、老廃物を処理する役割を担う肝臓は活性酸素を多く生み出す臓器ですが、それだけに障害が発生しやすくなるのは安易に想像でき、肝機能障害などの症状が発症するリスク等も大きく高まります。

ここにも酸化を抑制する力の低下が悪影響を及ぼす危険性は高く、肝機能が低下すると、カラダに蓄積した疲労が抜けず『疲れやすい』、『肌の調子が優れない』といった不調が表面化してくることになるんですね。

 

自浄作用をサポート

酸化抑制力の低下が老化を進めてしまうことはお分かりいただけたことと思います。

酸化抑制力が低下し、カラダの中で新たに生み出し力も低下するのであれば、当然ながらこれを補うすべを考える必要があります。

手っ取り早く、酸化抑制力を補給し、体内の悪玉活性酸素と戦わせるという一番簡単な方法こそが水素水を飲むという行為になります。

水素自体には臭いも味も、食感や色もないもないので、取るのは簡単だと思います。

お肌の曲がり角。持久力の明らかな低下を止める水素の力は、必要不可欠だと言えませんか?

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ