あたためOKな水素水とは?


276613l

水素水がお湯に出来る?そんな水素水ってあるの

水素水は一般的に温めると水素が抜けてしまいます。

というのはパウチタイプなどの分子状態で注入してある水素水のことです。

今一番売れていてメジャーになってきているのはなんといってもアルミパウチタイプの水素水ですね。

300~500ml入のあの水素水です。

このタイプの水素水は原水に天然水を使っているタイプが多く、いわゆるミネラルウォーターです。このミネラルウォーターに圧力をかけて水素を充填してある商品です。

よく注意されている「水素は開けたら飲み切らないと抜けますよ」と言っているのはこのタイプの水素水です。

水に溶かしてあるのですが、水の飽和水素濃度(水に溶かすことが出来る限界濃度)は1.6ppmです。ですので『3.0ppm』とか『2.8ppm』と謳っているのはあくまで充填時の濃度のことです。

つまり本来は溶けきらない水素量を、人工的に圧力をかけて充填しているのでそのような高濃度を実現できているわけですが、早い話、強引に水に溶けこませているので発散するのも早いのです。

ですので分子運動が活発になる“温度の上昇”を嫌う傾向にあり、実際のところ摂氏40℃を超えた辺りから水素は徐々に発散をし、80℃位になるとほぼ残っていません。

これはどのメーカーのどの商品であっても同じことが起こります。

 

水素水をお湯に出来る理由とは

131025yakan

ただ、この分子ではない状態で水に存在させている水素水があります。

それは“電気分解して生成している水素水”です。

サーバータイプや卓上生成器タイプの一部商品が採用している水素生成方法で、今ではGAURAルルドなどが採用しています。

水を電気分解すると水素イオンと水酸化物イオンに分解されます。この性質を使って水素水を作るという商品で、このタイプの水素水はイオン状態で水の中に水素を溶存させているので、温度上昇での発散や自然発散の度合いがとても少なくなります。

流石にいつまでも放っておいたら発散してしまいますが、一部の実験データによると水素濃度を72時間ぐらいキープできるというデータ報告もあり、生成しても3日ぐらいなら水素水としての仕事を果たしてくれるそうです。とはいえ早めに飲むほうが濃度は高いですから早めに越したことはありませんが。

 

もちろん温めても大丈夫です。

コーヒーやお茶を飲むために水素水を沸かしたり、ごはんを炊くお水を水素水にしてみたりすることも可能です。

AquaBankなどは電気分解ではありませんが、自社のホームページで分析結果を公表していますので、こちらもお湯としての使用もOKそうです。

また、お風呂での利用もOKです。サーバータイプでしたら水素水は使い放題ですよね。だいたい180リットルぐらいの浴槽のお湯だと、水素水2~3リットルぐらい入れると水素風呂としての効能を得られるとのことです。

ですので、お湯はりを1~2℃熱めに入れて、入浴前に水素水を入れるようなお使いの仕方がいいかもしれませんね。

赤ちゃんのミルクにも使えますし、お料理にも使えますね。

水素水を温められると、いろいろな幅が広がりそうです。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ