ルルドとGAURAminiを比較してみたらよくわかったこと!


ルルドVSGAURAmini

高スペック低価格なルルドとGAURAmini

水素水生成器がかなり安くなってお求めやすいですよね。

自宅で生成できる卓上の水素水生成器。もともとは水素水サーバーとも呼ばれていましたが、据置式の水素水サーバーが登場したことによって、商品のすみ分けのために卓上のサーバーは水素水生成器、床据置式は水素水サーバーと分類されています。

この水素水生成器の業界で、一番有名でシェアの獲得数も一番なのはやはりルルドでしょう。

ルルドは、自宅で水素水をつくっていくらでも飲み放題ですよ!」というアナウンスを水素水の走りのときにやって来ましたからこれは凄いことだと思います。

ルルドの価格は148,000円(税込価格は159,840円)です。当初この価格は高い!という印象で扱われてきました。しかし、競合他社の製品が300,000~400,000円もする設定で上がってきたときに「ルルドって安いんだな」というのが理解できました。

もちろん水素の効能がまだまだ懐疑的だった昨年以前は、水素サーバーって高いよな!という意見ばかりでしたが、水素水の普及が急速に進んできて、アルミパウチの水素水が定着してくると、月々に換算してみたらさほど高くないことがわかってくるんですね。

仮にルルドを3年間使用するとして、償却は月々4,111円です。アルミパウチの水素水の定期購入で一ヶ月分送ってもらうと、5,000円前後しますから、長い目で見るとかなりお得なことが分かりますね。

このルルドと同じ価格で登場したのがGAURAmini(ガウラミニ)です。後発の生成器であるにもかかわらず、価格は同じ。。。

ということは、スペックやパフォーマンスが高くなければルルドには敵うはずもありませんね。

では、どこがルルドよりも優秀なのか。それを見ていきましょう。

 

GAURAminiの優秀さが際立つ

まず、ルルドがケースに水を入れて水素水生成に30分かかるのに対し、GAURAminiは水素水生成に一切時間がかかりません。待ち時間無しですぐ飲めるというのが特徴です。

溶存水素濃度はルルド1.2ppmに対し、GAURAminiが1.0ppm。しかし、実際には、1.0ppmの水素水にさらに20,000ppmの水素を注入しているので、白濁するほど濃厚な水素水が出来上がります。

さらにカラーは8色を用意し、インテリアに合わせた色が選べます。

そして面白いのが月々のレンタルプランも用意してあるということです。4,980円/月でレンタルが可能ですので、一括の買い切りがしんどい方にはお求めやすい設定になっています。

この価格は、30ヶ月使うと買ったほうがお得ということになりますが、なかなかそれだけの期間使い続けられるのか自信がない人も多いでしょうし、先々もっといい商品が出来るかもしれないことを考えると、レンタルプランというのはかなりいいと思います。

とは言え、ルルドもとても優秀な水素水生成器ですからまだまだ人気が高い商品です。

どちらがお得なのかということは、お選びになるあなたの判断にお任せします。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ