通勤時間の朝日に注意!紫外線対策に水素水の活用を!


gf01a201503220300

朝も昼も紫外線が肌を傷つける

紫外線対策で日焼け止めというのは常識ですが、顔だけでなく、腕も足も首もしっかりと対策してくださいね。

最近の日焼け止めはウォータープルーフなのですが、それでも塗りムラや何かに触れて取れてしまっている箇所などは、UV線が肌を傷つけています。

お勤めの方などは、外回りでない限り昼間はオフィスの中がメインでしょうし、仕事帰りは日が暮れかかっている頃でしょう。しかし、朝の通勤時間はどうですか?お車で通勤の方も、電車やバスで通勤の方も、どうしても朝日が当たりますよね。

朝の日差しは昼に比べて幾分弱いのですが、紫外線は朝も昼も同じように降り注がれています。気温が上がりきっていないために見過ごしがちですが、朝日の紫外線量も注意しなければなりません。

水素が守る肌の内側

紫外線は、主にUV-AとUV-B、そしてUV-Cの3種類に大別されます。この内、UV-Cはオゾン層でシャットアウトされます。UV-Bについてはオゾン層でほとんど防がれますが、一部は地上に届きます。特に注意が必要なのはUV-Aで、オゾン層では止められず、そのまま地上に届くのです。

地上に降り注がれる紫外線のほとんどはUV-Aであり、雲や窓ガラスを透過して肌に届くと角質を軽々と通過し、表皮を抜けて真皮へと到達します。生活紫外線とも呼ばれ、真皮に達したものは、シミやシワ、たるみの原因となります。

この紫外線UV-Aに肌の細胞が傷つけられると活性酸素が発生し、さらに細胞を傷つけ遂には死滅させようとします。

それを防ごうと表皮の最下層にあるメラノサイトがメラニン色素を作り出して、細胞の死滅を防ぐために戦っているのです。表皮角化細胞がメラニン色素によって黒ずんだものの正体こそが“シミ”なのです。

シミの原因が活性酸素だということが分かれば、対策は簡単です。水素しか他に代わる物質はないでしょう。

直接的な紫外線対策は日焼け止めの役目だとして、その日焼け止めの効いていない箇所を紫外線が攻撃するのであれば、それは水素水の仕事です。

水素は活性酸素と結びついて水に変え、無害化させて体外へ排出してくれます。水素水を飲んで取り込まれた水素は、あっという間に体の悪い部分に向かって移動し、悪さをしている活性酸素とだけ結びつくという、なんとも都合のいい仕事をしてくれるのです。

体の外側は日焼け止め、体の内側は水素水で、暑い夏を乗り切っていきましょう。

 

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ