ビタミンEと水素水を比較|よりお肌に効果的なのは・・・


a60a0490e19d0ed78fed16c05adc0ffd_s

抗酸化物質で有名なものの中にビタミンEがあります。

ビタミンEは美容効果が高く、化粧水や美容液にも含まれることの多い物質です。

水素水とビタミンEの効果を比較した時、どちらがお肌に効果が高いのでしょうか。

水素水に関しても美肌効果、老化防止に高い効能が期待できますが、巷ではビタミンEの効果を重要視する声も大きく、果たしてこの二つを比較してみるとどのようなことがわかってくるのか気になるところです。

それではこの記事で、効果の程を比較しながらより良いお肌づくりを考えみたいと思います。

 

ビタミンEとはそもそもどんなもの?

もともとは不妊症の研究をしていたところに偶然見つかったビタミンです。

ビタミンは大きく分けると水に溶ける水溶性のものと、油に溶ける脂溶性のビタミンとがあり、ビタミンCなどは水溶性のビタミンの代表と言われ、ビタミンEは脂溶性の代表だとされています。

天然のビタミンEはトコフェロール類とトコトリエノール類の2種に大別され、さらにそこからα、β、γ、δに細分化されて全部で8種類に分類されます。因みに食べ物に含まれるものとしてはαトコフェロールよγトコフェロールがほとんどだと言われます。

トコトリエノールは食品中には非常に微量しか含まれておらず、これまで栄養学的にもあまり重要視されていませんでしたが、近年の研究によって血中コレステロール値を下げる作用があることが発見されて注目が集まっています。

ビタミンEは脂溶性なので、脂で出来ている細胞膜に存在することができ、活性酸素の攻撃から細胞膜を守る働きを担っています。体内の脂質が酸化したものを過酸化脂質と呼びますが、これが老化や生活習慣病の原因となります。

肌の細胞に関して言えば、シミ・シワの原因となるため、脂質が酸化しないように守ってくれているのがビタミンEだと理解していただければと思います。

40歳を過ぎた辺りから、急激に過酸化脂質が出来る量が増えてくるので、ビタミンEをたくさん効果的に摂取する必要があるのです。

 

ビタミンEを多く含む食べ物とは

ビタミンEは脂溶性ビタミンの代表格だとお伝えしました。

ビタミンEを多く含む食材としては、植物油やナッツ油の他に、アーモンドや落花生などがあります。

野菜ではほうれん草やかぼちゃが多く含みます。その他にも木綿豆腐や卵、レモン、キウイ、うなぎ、いわし、たらこ、マヨネーズにも含まれています。

成人の一日に必要な目安量は8mgだと言われます。ただし、これは最低限必要な量であって、ビタミンEの効能を得ようと思えば一日最低100~300mgは必要だと考えられます。

これはどれぐらいの量なのかというと、8mgを食べ物から取ろうとすればほうれん草で1.5~2束、かぼちゃなら1/4個必要です。300mgを食べ物からとるというのは非現実的な量だということがお分かりいただけると思います。ですので、実際にはサプリメントなどで摂取しないと難しいでしょう。

 

ビタミンEの効果効能とは

ビタミンEの生理作用としては抗酸化作用が挙げられます。

細胞は細胞質と細胞膜で覆われていて、この内細胞膜は脂で出来ています。

細胞膜は細胞質を覆う膜であり、脂溶性であるビタミンEはこの細胞膜に溶け込んで活性酸素からの攻撃の盾となって働いてくれるのです。

 

そして、薬理作用としては血中のコレステロールが酸化されるのを防いで、酸化コレステロールの発生を抑制してくれます。酸化コレステロールは血管壁に付着して動脈硬化の原因となりますから、そうならないように働きかけてくれるのです。

血行を改善してくれるので、肩こりや冷え性にも有効です。

また、毛細血管を拡張してくれるため、肌の隅々まで血液が巡回して肌荒れを防止してくれることも大きなポイントです。

 

ビタミンEの弱点とは

ビタミンEが美肌に効果的で、健康面にも必要なことはあらかたご理解いただけたことと思います。

しかしビタミンEにも弱点はあります。

それはこのビタミンEの抗酸化作用は諸刃の剣だということです。

どういうことかと言うと、ビタミンEには活性酸素を除去する(還元する)効果があることは事実なのですが、その反面、酸化反応も起こして酸化物を生成してしまうのです。

これは酸化と還元が同時に起こる反応だという点を理解するとわかることなのですが、活性酸素を還元してやる反応というのは、同時にビタミンEが酸化することでもあるのです。

つまり、活性酸素を還元してしまったがために、新たな酸化物を作ってしまうという結果になってしまったということです。

なんとも本末転倒な結果ということになりますね。

 

水素と合わせて摂ることが有効

ご存知のように、水素は気体であるために水溶性だとか脂溶性だとかいうことは全く関係がありません。

ですので細胞膜も細胞質も通り抜けて、活性酸素から細胞を守ってくれるのです。

ビタミンEが活性酸素を還元してくれた後に出来る酸化物も、水素が除去してくれますし、水素自身が最大の抗酸化作用を生みますので、対活性酸素を考えると、ビタミンEだけでは不安だった部分も解消してくれます。

ビタミンEと水素水の抗酸化効果を比較すると、水素の還元力がもちろん何枚も上手を行きますが、ビタミンE自体が持つ身体への薬理効果なども合わせて考えると、ビタミンEは必要な成分ですから単純な比較は意味をなさなくなります。

ビタミンEを取りつつ水素水を併用するのがマストな利用方法だと思いますが、どちらか一方で済ませたいということでしたら水素水をオススメします。

まずは効果の程を確かめられてみてはいかがでしょうか。

b30705d4ab3d75cb99c33d7961931969_s

↓ ↓ ↓

こちらも是非、参考にしてみてください。

 

あなたには、どの水素水がぴったりなんでしょうか。

TPOに合わせてタイプ別で比較してみました。

 

開けたらすぐ飲める。お出かけにも適したパウチタイプ。
持ち運びも便利で、仕事先やスポーツジムでも持ち運びできる。
指差し-12016年最新版【パウチタイプ】水素水比較ランキング

自宅で高濃度水素水を飲み放題にも!?パウチよりお得な生成タイプ!
お茶にもお料理にも水素水をたっぷり使えるお得な生成器は?
指差し-12016年最新版【自宅生成タイプ】水素水比較ランキング

水素水サーバーってこんなに安かったの?ウォーターサーバーより安くない?
家族みんなで水素水が使い放題の飲み放題はやっぱり嬉しい。
指差し-12016年最新版【サーバータイプ】水素水比較ランキング

いっぱい水を飲まなくても効果が得られるのはやっぱりサプリでしょ!
水素濃度の低下なんて気にしなくてもOKで、どこにでも持っていけるから便利!
指差し-12016年最新版【サプリメント】水素水比較ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ