水素水の重要性

最近、健康や美容のために水にこだわる人が増えてきました。

逆に「水を買うなんてもったいない!」という人もまだまだたくさんいらっしゃいます。

 

水に無頓着な人を観察してみると、年齢よりも老けて見えることが多いです。

自分の健康に関しても無関心な人が多いです。

性格はイライラと怒りっぽい人が多いように見受けられます。

 

男性の場合はハゲているかハゲかかっている人が少なくなく、メタボリックの体型を直視せず「仕方ないよ」という言葉で片付けてしまいがちです。

不摂生を改めようともせず、ついぞ努力を怠る人です。

 

女性は肌荒れが目立って、潤いを感じられません。女性の瑞々しい艶やかさが失われ、なにか乾いたような印象になってしまいます。

 

たかが水。されど水なのです。

万物の命の源は水なのです。

人の命の源は水に他なりません。

人は水とともに生き、水がなくなると生命も終わります。

飲水に無頓着であるということは、身体にとってよくない水を摂り続けるということです。

身体にとって悪い水を摂り続けていては、身体も心もみずみずしい状態を保てないことを認識していただきたいのです。

 

 

私たちのカラダは水分が60%を占めています。

健康なからだづくりにはバランスの良い食事を心がけることはとても重要な事です。

しかし、それ以上に水に拘って身体にとって良い水をとることが重要です。

飲み水を変えないかぎり、食事で得られる栄養も効果は半減してしまうのです。

 

しかし反対に身体にとって効果の高い水をとることで、心身ともに健康を維持することが可能ですし、疾患があれば改善に向かう効果も高まります。

脳梗塞や心筋梗塞、ガン、高血圧、糖尿病、肥満といった生活習慣病、あるいはうつ病などの心の病に至るまで成果を発揮するのです。

 

それが水素水なのです。

まさに現代の究極の健康法と言っても過言ではないでしょう。

 

最近の研究結果において、病気の発症は遺伝子が決めるのではなく、毎日の生活習慣が原因であることが確かになってきました。

私たちの身体を構成している60兆個の細胞は水に覆われており、その内側も水分で満たされています。

この生まれ持った私たちの細胞や遺伝子を傷つけて病にならないためにも、水素水をとることを心がけたいものです。

 

毎日飲む、水一つ変えるだけで得ることができる健康。

そんな生活を送っていくことが望ましいと思うのです。

ランキングサイト誘導2

サブコンテンツ

このページの先頭へ